コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方


 当社は、「萩原工業はフラットヤーン技術を大事にしながら常に変革し続け、世のため人のために役立つ会社であろう」を経営理念に掲げ、企業価値の最大化に向けて、全てのステークホルダーと良好な関係を築き、長期安定的に企業価値を向上させることを経営の最重要課題としています。
 その実現には、公正で透明性の高い経営活動を展開することが重要であり、以下の5点を基本方針に掲げ、コーポレートガバナンスの充実に取り組んでまいります。

 1)株主の権利を尊重し、株主の平等性を確保するとともに、適切な権利行使に係る環境整備や権利保護に努
   めます。
 2)株主、お客さま、従業員、地域社会等の幅広いステークホルダーとの適切な協働に努め、健全な事業活動
   を尊重する企業文化・風土の醸成に努めます。
 3)適切な情報開示と透明性の確保に努めます。
 4)透明・公正かつ機動的な意思決定を行うため、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努めます。
 5)株主との間で当社の長期安定的な成長の方向性を共有した上で、建設的な対話に努めます。
     

ガバナンス体制

 ガバナンス体制
     

コーポレート・ガバナンスに関する報告書


当社のコーポレート・ガバナンスに関しましては、以下をご参照下さい。
    
 コーポレート・ガバナンスに関する報告書(PDF形式/3.11MB)