先輩社員の紹介

自分が活きる舞台がたくさんある。
合成樹脂事業部 海外営業 奥平理央 岡山大学 環境理工学部 環境デザイン工学科卒業
共同研究で知った萩原工業
大学では、コンクリート材の研究を専攻していました。この専攻からはゼネコン関連が就職先となる場合が多いのですが、少し迷いがあり、将来をどうするか決めかねていました。そんな中、萩原工業と共同研究をする機会があり、会社を知るきっかけになりました。会社のことをいろいろと聞くうちに興味を持つようになり、萩原工業への入社を希望するようになったのです。
教育の機会がある
入社後は国内の技術営業で経験を積んだ後に、海外営業を担当することになりました。学生時代から英語への苦手意識があったため、会社の留学制度を利用してオーストラリアで1年間の語学留学をしてきました。今では日常会話はもちろん、海外顧客との商談もこなせるレベルになっています。会社が1年間も教育の機会をくれたことに感謝していますね。海外に長期滞在することで語学の習得はもちろん、仕事や社会への考え方も広がり、本当に良い経験でした。
合成樹脂事業部 国内営業 大川晃正 岡山大学 経済学部卒業
東京で企業相手に新規開拓
仕事は企業相手の営業です。既存顧客だけでなく新規顧客の開拓も多く、決まったやり方はありません。相手に合わせて話を聞きつつ、製品販売の話にもっていくのが難しいですが、やり甲斐があって楽しいです。萩原工業を知ったのは大学の特別講義。講師としていろいろな業界の経営者や専門家が招かれるのですが、特に萩原会長の講演の面白さに圧倒され、絶対にこの会社で働きたいと思いました。
ルーティンではない仕事がある
マニュアルに沿ってこなすような仕事に向いていないと思っている人は営業職にマッチしています。私の場合、東京と岡山だけでなく、日本全国いろいろな地域を出張で訪れる機会も多く刺激的です。同じ作業を毎日繰り返して行うのは自分の性分に合わないと思っていましたから、今の仕事は本当によかった!日々新しい仕事にチャレンジしています。
合成樹脂事業部 製品開発 大塚雅也 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 物質生命システム工学専攻卒業
苦労の分だけ喜びも大きい製品開発
営業マンが取引先から依頼されたニーズに対して提案するのが開発の仕事。ニーズに見合う仕様を考え、実際に耐えうるかどうか実験・検証を行い、基準をクリアする製品を提案します。1つの開発に対して長ければ1年近くかかることもあり、実際に製品化されても販売の軌道に乗るには2~3年。結果が出るには長い月日がかかりますが、その分開発した製品がヒットした時の喜びはとても大きいです。
情報収集の場がある
開発業務で試験室と工場を行き来する毎日ですが、社内にこもりっきりだとどうしても視野が狭まりアイディアが枯渇してきます。そのためなるべく外に出て新しい風を感じる場を作っています。海外の展示会を見に行ったり、セミナーに参加したり、大学と協働で実験を行ったり。新鮮な場所や情報と接することで、思い悩んでいた開発案件が突如ひらめくこともあります。これからもアクティブに情報収集を行い開発に役立てていきたいですね。
自分を成長させる機会がある。
エンジニアリング事業部 電気設計 ゲルレト 岡山大学 大学院 自然科学研究科 機械システム工学専攻卒業
機械やロボットの技術を学ぶために日本へ
中国の内モンゴル出身で、中国語、モンゴル語そして日本語が話せます。中国の大学ではコンピュータによる機械制御プログラムの勉強をしました。その勉強をさらに発展させるために日本に留学。勉強したことを活かすために萩原工業への就職を決めました。現在はスリッター制御のプログラミングを担当しています。まだ先輩や上司のフォローを求める場面もありますが、若手にもドンドン任せてもらえるところに日々やり甲斐を感じています。
将来を夢見る舞台がある
私の夢は、新しい型式のスリッターや検品機を一から作ることです。つまり新製品の開発ですね。今の仕事である制御プログラムはもちろん、早く機械設計の仕事にも係わりたいと思っています。そのためには、萩原工業が作っている様々な機械を深く理解することが大事です。また、海外のライバルメーカーの機械についても勉強したいです。自社の製品、他社の製品の機能を知り尽くして、いつか自分オリジナルの新製品を生み出してみたいですね。
エンジニアリング事業部 機械設計 佐々木聡 岡山大学 工学部 システム工学科卒業
お客様が使いやすく安全な機械を設計したい!
主な仕事は、PETボトルのラベルやレシートなどを切るスリッターという機械の設計です。使いやすさや安全に作業できる構造に設計できるよう、常にユーザーのことを考えながら仕事をしています。今の設計部署に異動する前は、現場で機械の組み立てや調整を行っており、お客様のところへ機械を搬入して運転の指導をしていた経験もあります。設計から組み立て、据付まで一連の流れを把握できていることが今の自信につながっていますね。
感謝される場面がある
機械の搬入に行ってお客様に運転指導をしている時、とある部品を追加で取り付けて欲しいと突然のリクエストを受けました。取付用の部品も加工する器具も手元にない状況で「急に言われても無理ですよ」と断ろうかとも思いましたが、近くのホームセンターに行って代用できるものを探し、仮ではありましたが取付けることができました。お客様は大変喜んでくださり、お客様の要望を形にできる仕事がこんなに楽しいのだと実感しました。
語学を活かす仕事がたくさんある。
エンジニアリング事業部 海外営業 丹正人聖 フランス語学科卒業
海外営業の仕事は自分次第
主な仕事はスリッターや検品機の海外営業。担当は東南アジアで、毎月のように海外出張をしています。上司が同行することはほとんどなく、スケジュールや仕事の進め方は自分次第。責任は大きいですが、自由に飛び回れるので自分の性に合っています。東南アジアでは経営者と直接交渉することが多く、即断即決の商談も少なくありません。機械のことはもちろんですが、萩原工業という企業、そして自分のファンになってもらうことが大事だと感じます。
世界に可能性がある
3年に1度ドイツで開かれる製品展示会「K2016」に初出展。その責任者を任されました。当ブースへの来場は47ヵ国107社!今まで市場として考えもしなかった、キプロス・ウガンダ・ケニアといった国々からの来場者もあり、未開拓市場の可能性を大きく感じました。また各国なまりの英語に触れ、どの言葉もほぼ聞き取ることが出来たので自分の語学力に少し自信がつきました。イタリアなまりだけは難しかったですが・・・(笑)
エンジニアリング事業部 海外営業 嘉原萌美 英米語学科卒業
留学中に決意した夢。それを叶える萩原工業。
大学在学中に留学したアイルランド。そこには北欧の地で活躍するたくさんの日本製品がありました。そんな生活の中で「メイドインジャパンをもっと世界に広めたい。」という思いを抱くようになりました。そして就活中に出会ったのが、自社製品を世界へ展開する萩原工業。会社説明会では、萩原会長に工場を案内していただき、工場内で社員とフランクに会話をする会長の姿を見て、「この会社で私の夢を叶えたい!」という思いが固まりました。
戦うフィールドがある
入社から約1年間の研修を受け、海外営業マンとしてデビュー。現在は台湾の市場開拓を担当しています。台湾ではまだまだ萩原工業の知名度は低く、当社シェアも高くありません。また台湾では品質よりも価格を重視するお客様が多く、価格で勝負してくる現地ライバルメーカーに苦戦・・・。しかし当社製品が品質で勝ることを理解していただき、契約が取れた時の喜びはとても大きいです。もっと萩原工業の良さを台湾国内へ伝えたいですね。
合成樹脂事業部 海外営業 森彩友美 京都外国語大学 外国語学部 スペイン語学科卒業
使命は“Made by HAGIHARA”を世界中に普及させること
主な仕事は海外子会社で生産された製品の輸出入の物流手配。英語やスペイン語を使い、顧客や通関業者、船会社等と日々連絡をとるため、“International”を肌で感じられる仕事です。南米の顧客が来日された時は、スペイン語が得意なこともあり、その方のアテンドを担当しました。まだ入社2年目の若手でしたが、事業部長から直々にお願いされ大変やり甲斐を感じました。
スキルを磨く環境がある
自分のスキルを磨く機会、発揮できる場面が沢山あります。語学や貿易実務を実践して学ぶ機会など、やる気を評価し尊重してくれるのです。だから、チャレンジを経て成長を感じるとき、とてもやりがいを感じますね。合同説明会で萩原工業のことを知り、社員の温かい雰囲気が印象的で入社を希望するようになりました。入社してからも、自分の「やりたいこと」を存分にアピールできる職場の雰囲気、風通しのよさが気に入っています。
HAGIHARA WESTJAVA INDUSTRIES Marketing Department Sales Manager 難波真也 英米語学科卒業
現地でインドネシア語を習得
現在はインドネシアを拠点に営業活動を行っています。日本では役職に就いていなかったのですが、入社4年目でインドネシア赴任と同時に9人の部下がいるマネージャーに!英語が苦手な現地スタッフも多く、全員とコミュニケーションを取りたくてインドネシア語を猛勉強。また言葉だけでなく文化や宗教の違いで戸惑うことも多かったのですが徐々に慣れていき、今ではお客様や部下としっかりコミュニケーションを取れています。
世界と繋がる手段がある
萩原工業の知名度が高くない東南アジアでは新規取引先の開拓に苦労します。そこで目を付けたのがインターネット。私がプロジェクトリーダーとなり、英語サ イトを開設するとそこから徐々に問い合わせが増え、今ではホームページをきっかけに取引をスタートする企業が多くなりました。今後は多言語対応のホームページにリニューアルして、現在開拓中のタイやベトナムといった海外市場を強化していきたいですね。
エンジニアリング事業部 技術部 山中義正 英米語学科卒業
語学力と技術力の二刀流
海外へ販売した機械の搬入・据付・メンテナンスが主な仕事です。出張先に応じて、英語や中国語を使い分けていますね。単に機械を納めるだけでなく、機器の説明や運転指導なども行うため日常会話だけでなく専門用語の習得も必要です。また現地で予定にはなかった機械への要望を受けることもあり、それに応える技術力も必要です。今は語学力と技術力の二刀流を磨くべく日々奮闘しています。
仕事に喜びと誇りがある
学生の頃は製造メーカーで働くという選択肢を全く考えていませんでしたが、そこには今まで触れることがなかった世界があり、その経験で視野が広くなったと感じます。現場でお客様から要望や改善点を受け、それを今後の製品に活かせるところは開発・製造・販売を一貫して行っている自社の大きなメリットであり、よりよい機械を製造する源になっています。自分達で造っているからこそ仕事に喜びと誇りを持てると感じますね。
エンジニアリング事業部 生産管理部 玄馬千恵子 英米語学科卒業
業務メールの6割は英語で
仕事は海外製の機器や部材の調達で、海外企業との取引を主に行っています。特に欧州は時差が激しいため電話よりもメールでの通信が多く、英語を用いたメールのやり取りをする毎日。専門用語を多用するため分からない単語が出てくることもあり、自分で調べたり設計部署に教えてもらいながら専門用語を習得しています。また取引先との価格交渉も大きな役割の一つで、海外出張で現地に出向き海外企業との商談も行っています。
幅広い仕事がある
学生時代は英語を活かしてホテルで働きたいと思って就職活動をしていましたが、なかなかいいところに巡り合うことが出来ず・・・、業種の視野を広げて活動したときに出会ったのが萩原工業。「ブルーシートを作る会社」というイメージしかありませんでしたが、様々な製品があり世界に展開していることを説明会で知りビックリ。社内に英語を活かして働くポジションがたくさんあることが決め手で入社を決意しました。
ページの上部へ戻る